木の家の生活を創造する会社

Taka創造建築舎 | 木の家の生活を創造する会社
Taka創造建築舎 | 木の家の生活を創造する会社

2021年7月1日 | 新着情報

あっTaka通信 2021年 7月号

あっTaka通信最新号 2021年 7月(第173)号が発行されました。

今月の特集は・・・

◎<トピックス①>2021年のZEH補助金について

6月25日に無事弊社もZEHビルダーへの登録が承認されました。承認されたので終わりではなく、これからZEH住宅の普及も勧めていかなければなりません。

その一環としてZEH住宅への補助金があります。通常のZEH住宅支援事業で60万円、ZEH+の基準を満たしていれば105万円の補助金が出ます。また、蓄電システム等と併用すれば1kwhあたり2万円の補助もプラスされる次世代ZEH+実施事業もあります。

ただ、公募締切が8月20日まで(書類必着)なのと、グリーン住宅ポイントとの併用が出来ないので注意が必要です。(グリーン住宅ポイントの方が多くもらえる場合もあります。)

<トピックス②>オススメのお店紹介

今月は弊社でもお店作りをお手伝いさせて頂いた阿賀野市の「暖家(あったかや)」さんをご紹介させて頂きました。

冷凍食品は一切使わず、地場産の野菜や新鮮な食材を使って日替わりで料理(お通しなど)をお客様にお出ししていて、料理へのこだわりが素晴らしいお店です。ぜひお店へお越し頂き、美味しい料理と美味しいお酒で心も体も「暖」(あった)かくなってください!

<トピックス③>失敗しない家づくりのススメ その6

前回から引き続き「間取り」についてご紹介していきます。

間取り(プラン)の考え方としては一般的に2つのパターンがあるかと思います。いわゆる「規格住宅」と「注文住宅」と呼ばれるものですが、どちらも当然メリット・デメリットがあります。

そのデメリットの部分を「我慢」することが果たして幸せな家づくりと言えるのでしょうか。今回は規格住宅・注文住宅の考え方を掲載しています。詳しくは紙面をご覧下さい。詳しい解説は下記ページに掲載しております。

詳しくはこちら↓↓↓

失敗しない家づくり⑥

◎今月のコラム

  今月担当:副社長「バラの花」

       真純専務「『う』の付くもの」

以上の内容でお送りします。ぜひご覧ください!

PDFデータはこちら↓↓↓

あっTaka通信 2021年7月号(173号)

トップへ戻る